先日、行楽帰りの彼のご両親からうれしいお土産を頂きました。
忠清南道(チュンチョンナムどう)天安市(チョナンし)の銘菓、くるみ饅頭です。

ホットック、プンオパン(たい焼き)に並ぶ昔ながらの焼き菓子として、
全国各地、どこでも気軽に買うことのできるくるみ饅頭ですが、その元祖は天安であると言われています。

d0384603_15544141.jpg
(箱の左側には「国産麦100%」と「秋夕」の文字。「秋夕」はチュソクと読み、韓国のお盆のことを言います)

天安は、ソウルから南へ列車で一時間ほどの距離に位置しています。
くるみ饅頭が天安の銘菓となったのには諸説ありますが、いちばんよく知られているのは、
高麗時代、ユ・チョンシンという使者が、派遣先の元から持ち帰ったくるみの苗木と種を天安に植えたことに由来するという説。

こういう訳で、天安にはくるみ饅頭の専門店がたくさんあるのですが、
今回お土産に頂いたのは、「イェッナルホドゥグァジャ」という商品。

「イェッナル」には、「昔ながらの」「懐かしの」といった意味があり、
「ホドゥ」は「くるみ」、「グァジャ」は「お菓子」を指します。
日本語に訳すと、「昔懐かしのくるみ饅頭」といったところでしょうか。

d0384603_15543698.jpg
(味も食感も軽い。数日前には40個もあったくるみ饅頭が、もうなくなろうとしています)

前回お土産に頂いたのもこのくるみ饅頭だったのですが、とってもおいしかったのを覚えています。
ふわふわの生地に、やさしい甘さのこしあん(白あんも混ざっている?)。くるみの食感もおいしい。素朴な包み紙もすきです。
普段から甘いものはひと口で十分なのですが、このくるみ饅頭ならいくらでもパクパクいけてしまう。

天安のくるみ饅頭に出会ってから、
屋台で売られているくるみ饅頭が、くるみの形をした饅頭なのであってくるみ饅頭ではないということを知りました。
それもまた、ベビーカステラのようでおいしいのですが……。
ほんもの(?)のくるみ饅頭の中には、ポリポリと香ばしいくるみが入っていますが、屋台のくるみ饅頭には入っていません。

ちなみに、頂いたくるみ饅頭の箱の内側には「おいしい召し上がり方」が記載されていました。
・賞味期限の過ぎたくるみ饅頭は、冷凍室での保管後、20分ほど自然解凍させると、変わらないおいしさをお楽しみいただけます。
・冷凍した状態のくるみ饅頭は、アイスクリームのような風味がします。

何だかんだ、普通に食べるのがいちばんおいしいと思うな~。
お取り寄せもできます。次回家族が韓国に遊びにくるときには必ず食べさせてあげよう。手土産に渡すのも良さそうです。
천안옛날호두과자
080-573-8888

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
最後まで読んでくださりありがとうございます:)

ブログランキングに参加してみました。
バナーをクリックすると票が入ります。ぽちっと応援よろしくお願いします♪


にほんブログ村

人気ブログランキング


[PR]
by madeleine_lee | 2018-09-15 18:16 | 未分類 | Comments(0)

ソウルの近郊都市、安山(アンサン)在住マドレーヌ・リーのアウトドアブログ。韓国の自然といきものを記録しています。2018年より韓国百名山チャレンジスタート♪
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31