安山市民の裏山、露積峰/ノジョクボンで野うさぎ観察♪

先日の夕方頃、アパート団地の裏にある小さな山、露積峰/ノジョクボン(143m)をお散歩したときのこと。

お散歩する人、運動に励む人など、昼夜を問わずさまざまな年齢層の安山市民に親しまれている露積峰。
人の数は多すぎず、少なすぎずでとても居心地の良い場所です。

d0384603_13075282.jpg

(丁度満開の時期を迎えようとしていた安山の桜。前日の夜に吹き荒れた強風の影響で、見事に散ってしまいました……)


山頂付近から眺めた安山市内の一角。散りかけた桜の木が山の麓を覆っています。
桜の木が敷き詰められたように並ぶこの辺り、実は桜の名所としても知られるゴルフ場。
満開の状態だと、もっとずっとピンクピンクして見えるそうです。


露積峰散策いちばんの醍醐味は、野生動物♪運がよければ、野りすと野うさぎに会うことができます。
野りすの場合、韓国の山だとちょくちょく見ることができるのですが、
わたし自身、野うさぎはまだ一度も見たことがありませんでした。が、しかし。

この日はじめて、野うさぎを見ることができました!

d0384603_13113111.jpg

(中には警戒心の強い子も。隠れてはみたものの、うまく隠れられていません(笑)。さらには横目でちら見。こちらのようすが気になる?)


こんな身近にいたなんて~♪というか、近すぎました。人の行き交う散策路わきの林の中に、草むらの中に。
ときにはねこのように、散策路をぴょんぴょん横切っていく。その距離感に驚きました。
この山の野うさぎたちは随分と人に慣れているようです。
散策路をゆく安山市民もまた、横目で見ながら「バイバイ(元気?)」とあいさつを交わす程度。

d0384603_13111263.jpg

(リアル・ピーターラビット?こぼれおちそうなほっぺたがいとおしい……)


そんな安山市民とは対照的に、野うさぎに遭遇できた嬉しさとそのかわいさに、始終興奮していたわたし。
だってこの丸っこくてもふもふしたカラダ、ぽってりしたほっぺ、小さくて少し汚れたおててとあんよ、立派なおしり(笑)。
どれをとってもだいすきなねこそっくり!

d0384603_13075989.jpg

(この素朴な色合い、まさにピーターラビット!)


茶色がかったグレーの子をみつけたとき、わたしの興奮は一気に頂点に!

d0384603_13094485.jpg

(雪見大福のよう。白いうさぎの目のまわりにはみんな同じように模様が)


草むらの中で耳を伏せながら、一羽ぽつんと明日の方向をみつめていたこの子。
ネット上の情報によると、うさぎは敵から身を守るためにカラダを低めて耳を伏せるらしいのですが、
この子もそのつもりだったのかな?みどりの中に真っ白と、だいぶ目立っていたけれども……(笑)。
ねこ同様、リラックスしている場合も耳を伏せる(垂らす?)らしいのですが、あのときは一体どういう状況だったのだろう。

おまけの動画をアップしてみました。一生懸命おててを洗っています。



やっぱりうしろの子が気になる……(笑)。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
最後まで読んでくださりありがとうございます:)

ブログランキングに参加してみました。
バナーをクリックすると票が入ります。ぽちっと応援よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


[PR]
Commented by milletti_naoko at 2018-04-21 08:03
ウサギに会えてよかったですね。目がパンダのようなウサギが珍しくて、特にかわいらしいです。ウンブリア州ではウサギを食用にするために飼っている場合もあり、うちも義父母が飼っていて、時々食卓に上るのが、今も抵抗があります。

スコットランドのインヴァネスで、古城の近くの野にウサギがたくさんいたのでびっくりしたのを、記事を拝見しながら思い出しました。
Commented by madeleine_lee at 2018-04-23 00:12
> milletti_naokoさん

イタリアには、うさぎを食用として飼っている地域があるのですね!驚きました。
うさぎのお肉はどのような味がするのでしょうか?
韓国の場合、昔田舎で食べられていたようですが、今はなくなっていると思います。
犬の肉を食べる文化は未だ健在しているのですが、わたしは食べたことがありません。
イタリアの珍しい食文化にも興味が出てきました^^
興味深いお話、ありがとうございました♪
by madeleine_lee | 2018-04-20 15:22 | 安山のおでかけスポット | Comments(2)

ソウルの近郊都市、安山(アンサン)在住マドレーヌ・リーのアウトドアブログ。韓国の自然といきものを記録しています。2018年より韓国百名山チャレンジスタート♪
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31